簡易裁判所に申し立てる特定調停って?

借金問題を解決する方法の1つに、特定調停という方法があります。特定調停は、支払不能の状態にまでは陥っていないものの、このままの状態が続くと支払いができなくなってしまうという場合に、簡易裁判所に申し立てることによって行う手続きです。

当事者だけで話し合うのではなく、裁判所が間に入ることにより、借金問題で悩んでいる人にとって安心感があります。また、複雑な法律知識を持っていなくても手続きを進めていくことができるため、金銭的に余裕がなくて

 

弁護士や司法書士に依頼することができない人でも申し立てることが可能です。


特定調停のメリットは、債権者の全員を集めて行う必要がない点です。相手を選んで話し合いを進めていくことができるのが特徴となっています。また、たとえば自動車のローンを利用している場合、支払方法については変更したいものの自動車は引き続き使えるようにしたいという特別な希望がある場合にも役立ちます。

誰もが利用できる手続きではない

特定調停を行うための部屋には、関係者以外が立ち入ることはできません。当事者、弁護士・司法書士、調停委員が話し合いを進めていくことになるので、一般的な裁判のように傍聴人の目を気にする必要がないのが特徴です。ただし、

 

弁護士や司法書士に依頼することができない人でも申し立てることが可能です。


支払不能や債務超過に陥ってしまうおそれがある場合に利用することができる手続きなのです。手続き完了後に返済を行うことが前提となっているため、完全に返済することができない状況に陥ってしまった場合、特定調停の申し立てをすることはできません。

特定調停の申し立てをすることには、メリットだけではなくデメリットもあるので、きちんと理解しておく必要があります。まず、特定調停に応じたくない債権者がいる場合、強制することはできません。また、調停が成立した後は返済を進めていくことになりますが、

 

途中で支払えなくなってしまった場合には給与の差し押さえがなされる場合があります。


消費者金融一覧から気になる条件を一発検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を別の手段で相談できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧