個人再生による債務の減額とは?

借金の返済で困っているものの、債務の全てを免除するほどではないという場合、個人再生の手続きを取ることができます。個人再生は、抱えている債務を大幅に減額してもらうために、裁判所への申し立てを行う手続きです。

どのように返済していくかを示す再生計画案を提出し、その内容が認可されれば債務の減額が認められます。個人再生の手続きを取るメリットは、自己破産をするのとは異なり、自動車や住宅といった財産を放棄せずに済むという点です。

 

住宅を所有している人にとって安心感のある手続きであると言えます。


また、どのような経緯で借金をしたかという理由が問われないのも特徴となっています。たとえば、ギャンブルが原因で借金を抱えている場合、自己破産の手続きを取ることは認められませんが、個人再生の手続きを利用することは可能です。

自己破産で債務を全額免除された場合、一定の期間は特定の職業に就くことが制限されてしまいますが、個人再生の場合は特に制限がありません。手続きが開始されれば、債権者による強制執行を受けることもなくなるため、安心して返済を進めることができます。

メリットだけではない個人再生

個人再生のデメリットとしては、信用情報に掲載されることが挙げられます。信用情報には数年間掲載されることになりますが、その間は新たにクレジットカードを発行したり、ローンを組んだりすることができません。また、申し立てをすれば、

 

必ず認められるというものではなく、厳しい条件が設けられています。


たとえば、債務を全額免除するものではないため、きちんと返済する能力があることが条件です。また、住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下の場合に限られます。個人再生の申し立てをする際は、具体的な再生計画案を提出しなければなりません。

債務整理の手続きの中でも、個人再生は特に複雑な手続きを行うことになるものなので、法律の素人が自力で対応するのは困難です。弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが不可欠となっています。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を別の手段で相談できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧