「グレーゾーン金利」とは、平成22年6月17日以前に消費者金融やカード会社が採用していた貸出に付随する金利のことを指します。なぜグレーなのかというと、「違法か合法か、どちらとも言えないから」という意味で使われています。

 

グレーゾーンの金利ってなんだぁ?


グレーゾーン金利がの廃止に至る背景

平成22年6月17日以前も、消費者金融やカード会社がお金を貸すときにかける利息には「上限」が決まっていました。しかし「利息制限法」では上限金利15%~20%と定められ、「出資法」では上限金利が29.2%と定められていました。

 

刑罰のない金利で貸付ればもっと儲けれそうだ・・・


このふたつの法律の異なる上限金利がグレーゾーン金利問題を生み出します。利息制限法を守れば15%~20%を超える金利は「無効」になるのですが、この法律には「民事上の効力」しか当時はありませんでした。

 

この金利って無効じゃないのかなぁ?


しかし出資法の29.2%を超えると「刑事上の効力」により、消費者金融やカード会社は刑事事件として罰せられてしまいます。その為、殆どの消費者金融やカード会社が、民事上は違反でありつつ、刑事罰を与えられない上限金利として29.2%を採用していました。

 

お客さん、金利も含めて返済してるって事は納得して借りたんでしょ・・・


この15%~20%を超える金利から29.2%迄の間の金利をグレーゾーン金利と呼びます。しかし平成22年6月17日に、出資法の上限金利も利息制限法の10万円未満の上限金利と同じ20%に引き下げられました。

グレーゾーン金利廃止から過払い金の請求へ

従来のグレーゾーン金利は廃止され、現在にいたります。また裁判によりグレーゾーン金利を採用していた期間に関しても、遡ってとりすぎた金利分、つまりグレーゾーン金利の返済が妥当であるという判決が下りました。

このため平成22年6月17日以前に消費者金融やカード会社からお金を借りていた人は、

 

弁護士事務所などを通して「過払い金返済」の裁判を相次いで起こしました。


一度判決が下った裁判の判例は重視されますので、過払い金返済の裁判さえ起こせば、当初はほぼ確実に過払い金が戻りました。

 

結局、グレーゾーンでの貸付が裏目に出たかぁ!


一部の消費者金融は民事再生を起こし、返済額は減額されるなどの措置が取られましたが、それほどグレーゾーン金利を採用していたローン会社にとって過払い金の返済は大きなダメージになりました。

過払い金請求では悪質な弁護士事務所もあるということで、『闇金ウシジマくん』でもでてきました。実在の弁護士事務所をモデルにしたと言われています。

最近ではグレーゾーン金利がある時代の借り入れ経験のある方が底をつきそうなので、過払い金のCMもかなり減りました。弁護士事務所も別のネタ(交通事故など)にシフトしているようです。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を別の手段で相談できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧