消費者金融業者には様々なところがあり、大手ならどの業者を選んでも基本的な利用開始までの流れや利用方法は同じです。

そのため、どこでも同じようなイメージがあるかもしれませんが、実際にはどこの業者でも構わないというわけではありません。

同じ消費者金融でも返済日と返済方法が異なる

まず、消費者金融でお金を借りる際の判断基準となるのが返済日と返済方法です。いくらまで借りられるのか、ということを先に考える人もいるかもしれませんが、

 

消費者金融の場合は総量規制の対象となりますのでどんなに多く借りたとしても年収の3分の1までとなっています。


これはどの消費者金融を選んでもそれ以上借りることはできないうえに、初回の融資ともなればいきなり高額の融資を受けることはまず不可能なので、最初に考えるべきことは借りた金額をどうやって返済するのか、ということです。

返済日についてはできれば給料日に近い日を選びたいところですので、その日を選ぶことができるかどうかということがポイントとなります。

もしも自由に返済日を選ぶことができれば良いのですが、業者によっては返済日は25日固定となっているところも少なからずありますので、

 

もしも給料日が25日ではない場合にはあまりおすすめできません。


大手消費者金融の返済日

返済日 口座振替の返済日
プロミス 5日、15日、25日、末日のいずれか 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合は5日、15日、25日、末日のいずれかで、その他金融機関の場合は毎月5日
アコム 35日毎返済の場合は借入日の翌日から35日後、毎月返済の場合は自由に選べます 毎月6日
SMBCモビット 5日、15日、25日、末日のいずれか 5日、15日、25日、末日のいずれか

返済方法も多彩で色々選べる方が後々助かる

次に返済方法ですが、これについてもできるだけ自身が面倒にならない返済方法が良いでしょう。

たとえば通勤経路中に返済用のATMがあるところを選ぶと返済もかなり楽になりますし、返済方法として自動引き落としが選べるところであれば現金を持ち歩く必要がなくなります。

 

また、毎月の返済金額についても併せて考えておきましょう。


消費者金融で融資を受けたお金は毎月少しずつ返済をすることになりますので、その金額についても無理なく返済できる範囲のところを選ぶことが大切です。

こうした返済についての条件はそれぞれの消費者金融業者ごとに微妙に異なる部分がありますので、融資を受ける前にひととおりチェックしておき、最適な選択ができるように考えたいところです。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を別の手段で相談できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧