消費者金融一覧

MENU

消費者金融の利息だけでも払ってくださいという提案の意味は?

返済の延滞に関しての対応

消費者金融で借りたお金は毎月一定の時期に返済する決まりですが、場合によっては返済が滞ってしまう可能性もゼロではありません。そのような場合にそのまま放置しておくと、「滞納」として処理されてしまい遅延損害金の支払いなど様々なデメリットが発生します。

 

その為、もしも支払いが難しいと判断できた場合には、とにかく早く消費者金融業者に連絡を入れてその後の対処法を相談することが大切です。返済が遅れそうな場合に消費者金融業者側から伝えられる対処法のひとつに「利息だけ入金」というものがあります。

 

 

毎月の支払額というものは契約している元金に加えて消費者金融業者へ支払う利息も含まれています。


このうち、利息だけをとりあえず入金しておいてしのぐ、というのがこの方法の基本概念なのですが、実はこの方法であれば毎月の最低支払金額に達していなくても「滞納」という扱いにはならず、当然ながら遅延損害金も発生しない場合がほとんどです。

 

そもそもお金を借りた時に発生する利息というのは、消費者金融にとっての「利益」です。10万円を貸してそのまま10万円が返済されればそれは消費者金融業者にとっては何のメリットもありませんが、これに利息をプラスして返済してもらうことで

 

 

初めて「利益」を得ることができます。


毎月決められた最低支払金額に達していなくても、利息だけ支払っていればお金を貸した業者にとっては少なくとも損をすることはありません。こうした理由から業者にとっても返済が遅れそうな場合には「利息だけでも支払ってください」という提案をしています。

 

元金がすべてなくなればそれ以上利息を受け取ることもできなくなるので、業者からすれば利息だけを払い続ける人というのはある意味優良顧客といえるかもしれません。もっとも、利息払いだけをずっと続けるというのは

 

 

元金が減らない等の問題があるうえ返済能力を疑問視される


ことになりますので、いつまでもこのような方法は使えないようです。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧