消費者金融一覧

MENU

本審査と仮審査の違い

カードローンの審査では、

  • 仮審査
  • 本審査

の二段階に分けられている場合がほとんどです。それぞれの審査ごとに設定されている確認項目や審査基準が異なります。大きく分けて仮審査は設定された基準を満たしているかどうかの機械的な審査であり、

 

 

本審査はその仮審査を通過した人に対して詳細な確認を行うもの


という違いがあります。インターネットの普及にともない、ほとんどのカードローン業者ではインターネットによる融資申し込みを受け付けています。その為、カードローンの申し込みといえばほぼ自動契約機しかなかった頃に比べて

 

 

大勢の人が申し込みできるようになりました。


審査についても機械的な審査と本審査とに分かれています。仮審査で確認される内容は、

  • 年齢や年収
  • 勤続期間

などとなっており、設定されたそれぞれの項目に対して大ざっぱに融資可能な条件を満たしているかどうかを判断します。

仮審査の役割と本審査の中身

 

何故、直ぐに本審査できないのかなぁ・・・


例えばカードローンを利用する為の条件として20歳以上という年齢制限が設定されている場合は未成年者が申し込んできた場合にはその段階で融資は不可となります。こうした融資可能な条件をクリアできない人に対してまで、その都度本審査に回していたのでは

 

 

コストも時間もかかってしまいます。


その為、仮審査で機械的に融資可能かどうかを判別し審査にかかる時間やコストを軽減しています。仮審査に通過した後は本審査へと移りますが、ここではより詳細な確認が行われます。

 

 

この段階での確認項目としては勤務先への在籍確認


や場合によっては年収の金額の確認などが行われます。この本審査では仮審査での機械的な確認と異なり融資担当者の目視による審査となりますので詳細な確認が行われることになり、当然ながら仮審査で通過したからといって必ずしも本審査に通るとは限りません。

 

このように、カードローンの審査は仮審査と本審査の2つにクリアすることで初めて融資可能と判断されるような仕組みとなっています。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧