消費者金融一覧

MENU

カードローンの審査で信用を判断するポイント

カードローンの審査において最も重視されるのは何といっても信用です。ではカードローンの審査ではどういった方法でその信用を判断しているのでしょうか。ひとつは個人信用情報機関ですが、ここでは単に

  • 既存の借入に対する返済状況
  • カードローンの利用経験の有無

などを判断しているというわけではありません。カードローンを利用する場合、既存の借入の有無を記載する欄が申込書類にありますが、その欄に記入した金額と個人信用情報機関に登録されている情報との間に違いがあるかどうかという点も

 

 

信用を判断するうえで重要な材料


となります。もしも実際にはどこか別の業者からカードローンの利用をしているのにもかかわらず、その事実を伏せた状態で申し込んだ場合には、それは事実と異なる情報で申し込んだということで融資は受けられなくなります。

個人情報は正確に申告することが重要

また、借入は利用しているという体裁で申し込んだ場合であっても、申告してきた借入金額と実際の利用金額との間であまりにも大きな乖離があれば、その場合も信用できない人間と判断されることになります。

 

 

少しぐらい違っていても大丈夫だろう・・・


逆にほぼ正確な金額を申告することで、審査における信用度を高めることができます。次に、申し込んできた人の現在の勤務先における勤続期間も信用度を判断するうえで大きなポイントです。例えば就職の面接では何度も転職を繰り返している人間よりも、

 

 

間違いがあると信用されないのでは・・・


ひとつの会社で何年も働いているような人の方が信用度としては高くなります。

勤務先の勤続期間が重要である理由

カードローンの審査においても同様に、まだ入社したばかりの人よりも現在の勤務先で何年も勤めている人の方がカードローンの審査では評価が高くなります。入社したばかりの人の場合は、例えば試用期間中だったりという理由で

 

 

仕事を変わる可能性が高い人と判断される


ということであり、カードローンの審査でもその分信用が低いと評価されます。勿論、信用できる人間だから必ずしも審査に通るというわけではありませんが、融資を行う場合は信用できる人間であることが必須といえるでしょう。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧