消費者金融一覧

MENU

カードローンの利用目的が自由である理由

カードローンは利用目的については原則として自由という特徴があります。ただ、カードローンの利用申込時には利用目的について記載する欄がありますので、何らかの情報を登録しておく必要があります。勿論、ここでは詳細な内容を登録する必要はありません。

 

 

利用目的はその程度迄の詳細を求められるのかなぁ・・・


例えば、病院での医療費目的として利用するのであれば利用目的についても医療費と記載するだけで構いません。○○病院でどんな病気にかかって、その際にこれだけの費用がかかった等の情報は記載する必要がないのです。

 

 

利用目的について具体的な詳細は求められません。


実はこのあたりの情報というのは、カードローンの審査ではそれほど重視されるものではなく、あくまでも審査では返済能力を重視しています。この理由としてはカードローンという商品がスピーディな審査をひとつのテーマとしている点が考えられます。

カードローンと他のカードローンとの大きな特徴の違い

例えば、住宅ローンを利用する場合というのは、そのローンの目的とは住宅の取得に限定されますので、どんな住宅を買おうとしているのかという点についても審査が行われます。もしもカードローンの審査で目的まで確認するとなれば、

 

 

人それぞれ異なる目的にあわせた審査も行わなければなりません。


それこそレジャー目的で利用する人もいれば、家族や友人にプレゼントを贈る人もいるでしょう。中には身内に不幸があって、その葬儀のためにカードローンを利用しているという人もいるかもしれません。

 

 

利用目的を具体的に求めると何に影響するのかなぁ・・・


個人的な利用目的というのは多分にデリケートな側面もはらんでいますので、そうおいそれと審査というくくりで確認できるものではないのです。また、こうしたところまで審査をしていては手続きが煩雑になってしまい、結果的に

 

 

即日融資などのスピーディな審査にも影響を及ぼすことになりかねません。


違った言い方をすれば、カードローン業者にとってはきちんと返済をしてもらえれば利用目的の範囲内でどんな使い方でも構わないということです。そして、その返済ができるかどうかの判断を審査で行っているといえるでしょう。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧