消費者金融一覧

MENU

審査で確認される既存の借入の内容

カードローンの審査では、既存の借入についても調査が行われます。申し込み書類にも既存の借入の有無やその金額についても記入する欄がありますので、ここに登録された内容との整合性について判断されることになります。

 

 

どの借入が既存の借入になるのかなぁ・・・


そんな既存の借入についてですが、当然ながら申し込んだ内容との間で大幅な違いがあれば審査では評価が低くなってしまいます。ではここで既存の借入と判断されてしまうものにはどういったものがあるのでしょうか。

既存のカードローン利用に関しての確認

まず、もっとも基本的なパターンとなるのが既存のカードローンの利用です。つまり、カードローン業者にとっては同業他社からの借入の有無とその金額ということです。ここについてはある程度正確な金額を記入しておく必要がありますので、

 

 

申し込み前に残高を見直しておきたいところですね。


クレカのリボ払いに関しての確認

意外と忘れがちなのがクレジットカードのリボ払いの残高です。クレジットカードのリボ払いの残高についてはカードローンの利用というわけではありませんが、広い意味ではこちらも借入の一種と考えることができます。また、

 

 

カードローンの審査では個人信用情報機関に情報を確認されることになります


が、クレジットカードの利用状況についてもここには登録されています。そのため、リボ払いの残高についても情報が登録されていることになり、ここの金額も含めて申告しておくことで信用度を高めることができます。

既存の借入と区別して判断されるローンとは?

カードローン業者が既存の借入として判断するのはおおむね上記に挙げたようなものですが

 

 

逆に審査において既存の借入と判断されないものもあります。


例えば、住宅ローンのように不動産の取得に関するローンについては借入残高があったとしても、カードローンの審査ではそれを理由に審査に通さないということはありません。

 

勿論、借入残高に対する推移などは個人信用情報機関で確認されますが、住宅ローンを既に利用しているからといった理由だけで審査の評価が下がることはないと考えておいて良いでしょう。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧