消費者金融一覧

MENU

審査の結果が別の業者の審査に及ぼす影響

カードローンを利用することができるのは、カードローン業者が設定した審査に通った人だけです。審査とは、カードローンを利用するにあたり本当に返済してもらえるのかどうかを判断するものです。

 

 

カードローンで審査落ちしたら個人情報ってどうなるのかなぁ・・・


その為、申し込んできた人が全員審査に通るとは限らないのですが、もしも審査に通らなかった場合、実はその後のカードローンの利用にも大きく影響することになります。カードローンの利用状況というものは個人信用情報機関に登録されます。それと同時に、

 

 

カードローンに申し込んだ実績や審査結果も登録される仕組みになっています。


カードローンの審査では、この個人信用情報機関に登録された情報を照会して行われますので、いわば申し込んできた人の情報はカードローン業者の間で共有されているということになります。

個人信用情報機関の役割

審査に通らなかった情報というのもここでは共有されることになるので

 

 

何故審査に通らなかったのかという理由の確認も照会できます。


カードローンの審査というものは返済能力を確認するものなので、審査に通らなかったという実績があるということは、それだけでもその人に何らかの問題があったということです。その為、審査に通らなかったという実績を持っている人は

 

 

審査落ちすると次にも影響するのかぁ・・・


次のカードローンの申し込み時にはその審査落ちした情報をもとに審査を受けることになるのです。

審査落ちする理由について

審査に通らなかった理由については様々で中には単に職業などから審査基準に合致しなかっただけというケースもありますが、

 

 

殆どの場合は既存の借入や収入などが要因となっていると考えられます。


既に別の業者で断られてしまっている場合、その審査落ちした情報をもったまま新規に融資を受けるというのはかなり難しい状況です。逆に別の業者で審査に通った実績があれば、次に別の業者で審査を受ける場合でも評価がプラスになる可能性もあります。

 

 

審査落ちしたら新規に申込むのは控えるべきだなぁ・・・


審査を受けたという情報、その審査の結果に対する情報というものは常に業者間で共有されているということを理解しておきましょう。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧