消費者金融一覧

MENU

個人信用情報機関に登録される情報とその期間

カードローンの審査に欠かせない存在といえるのが、個人信用情報機関です。この個人信用情報機関には様々な情報が登録されていますが、ここではその情報の内容と登録期間について考えてみましょう。

 

 

どのタイミングで登録されるのかなぁ・・・


まず、個人信用情報機関に登録される情報についてですが、消費者金融をはじめとするカードローン業者に融資を申し込んだ段階で申込情報というものが登録されます。つまり、審査の結果はどうあれ

 

 

申し込んだだけでも信用情報というものが登録されるということになります。


個人信用情報機関に登録される期間は?

この情報は最長で6ヶ月間保管されます。次にカードローンの契約をした場合ですが、この場合にはいくらの契約をしたのかといった情報が登録されます。審査で借入金額で事実と異なる情報を登録した場合でもそれがばれてしまうのは、

 

 

申込情報と契約情報では登録されている期間も違うんだなぁ・・・


ここで個人信用情報機関への問い合わせが行われているためです。ここで登録された情報は最長で5年間登録されますので、借入を利用しているという事実はその間はごまかすことができないといえるでしょう。

 

 

カードローンの契約後の返済状況についても同様に個人信用情報に登録されています。


この情報についても最長で5年という期間保持されますが、これについてもカードローンの審査で確認される項目のひとつです。過去の返済状況は今後の利用状況に大きく関係するものなので、

 

 

滞納などがあるかどうかは審査で確認される信用情報の中でも特に重要な情報です。


そして、カードローンを解約した場合ですが、この場合も最長で5年間は利用している情報が保持されます。

カードローン完済後の情報は?

注意したいのがカードローンの完済=解約ではないという点です。カードローンを完済してもその業者との契約関係は継続されますので、契約状況が続いている間は信用情報は登録されます。その為、信用情報を更新したいということであれば、

 

 

使う予定のないカードローンは解約して整理しておいた方が良いかもなぁ・・・


カードローンの審査ではこうした信用情報を参照して返済能力を判断しているのです。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧