消費者金融一覧

MENU

雇用形態がカードローンの審査に及ぼす影響

カードローンを利用するためには毎月安定した収入が必要という条件が設定されている場合がほとんどです。

 

 

毎月安定した収入があれば必ず利用できるのかなぁ・・・


そのため、安定した収入があれば必ずしも正社員であるという必要はなく、アルバイトやパートで収入を得ているという人であってもカードローンの審査に申し込むことができます。とはいえ、これはあくまでも申し込むための条件を満たしているというだけであり、

 

 

安定した収入があるからといって必ずしも審査に通るとは限りません。


それだけに、カードローンの審査では雇用形態についても確認が行われることになります。正社員や公務員の人であればパートやアルバイトに比べるとカードローンの審査においては高く評価されることになりますので、その分審査では有利と判断されます。

審査に影響を及ぼす雇用形態とは?

雇用形態は、カードローンの審査においては返済能力を確認するうえで重要となる信用度を判断するための材料となります。公務員や正社員として働いている人であれば、社会的な信用度も高くなりますので、それと同じことがカードローンの審査基準としても

 

 

アルバイトの評価が低いなんて・・・


機能していると考えることができます。信用度が高くなればそれだけカードローンで融資を受けることができる金額にも反映されますし、総量規制が適用される消費者金融であっても年収の金額が相対的に多い公務員や正社員の場合はより高額の融資が可能となります。

カードローンの審査は雇用形態だけで判断するわけではない

カードローンの審査を行う目的としては、融資を行った金額が確実に返済されるかどうかということを確認することがひとつのテーマとなっていますので、信用度が高い層ほど審査では高く評価されやすくなります。

 

 

会社員で良かったぜ!


ではパートやアルバイトではやはりカードローンの審査では通りにくいのかといえば決してそうではなく、収入の安定性が確認できれば審査ではそれほど評価が下がるということはありません。ただし、雇用形態における社会的な信用度・責任という意味では、

 

 

雇用形態だけで判断するわけじゃないのになぁ・・・


公務員や正社員には及ばないため、それが審査の結果利用できる金額の差となって現れるケースもあります。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧