消費者金融一覧

MENU

転職したばかりの人がキャッシングの審査で不利な理由

キャッシングの審査では様々な要因で評価が低くなることがあります。その中のひとつに、転職したばかりである、というものがあります。この理由がキャッシングの審査で不利な材料となる理由は、

  • 勤続期間が短いという点
  • 信用度が低いという点

があります。転職する人というのは何らかの理由があります。その中には仕事が長続きせずに職を転々としている人もいます。例えば、

  • 会社が倒産してやむをえず仕事を変えたという人
  • リストラされてしまった

等、いわゆる会社都合で転職せざるをえなかったケースもあるかもしれません。しかし、キャッシングの審査ではその人の転職理由についての確認はしないので、転職が望むと望まざるとにかかわらず、勤続期間が短いという理由で括ります。

勤続期間が短いのは属性評価として低い

理由はどうあれ、転職したばかりの人というのはその職場での勤続期間が短いものですので、それに伴って信用度も低い状態となります。

 

 

今迄の職歴も評価してくれるのかなぁ・・・


また、キャッシングの審査は就職の面接ではありませんので、その人がどんな人生を歩んできたか、以前はどの勤務先でどんな仕事をしてきたか、そこでは何年働いていたのか、といったことについての確認は行いません。その為、今でこそ転職したばかりではあるものの、

 

 

以前の職場では10年以上働いていたといったところで何の実績にもなりません。


あくまでもキャッシングの審査では今現在の状況で将来の返済能力を判断することに主眼が置かれています。もっといえば、以前の職場で蓄えた貯金がたくさんあるということについても審査では評価が高くなる要因にはなりえないでしょう。

キャッシングの審査では多額の預金残高があっても短い勤続年数の評価をカバーすることはできない

キャッシングの審査では毎月安定した収入を得ていることが利用条件として設定されている場合がほとんどです。貯金はあるもののまだ転職したばかりということであれば、これからの収入の安定性を保証することにはならないためです。

 

 

残念だけど預金残高は消費者金融の審査の評価に値しません。


転職したばかりという人は少なくとも半年〜1年ほどは勤続期間があるという状態で再度申し込んだ方が良いかもしれません。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧