消費者金融一覧

MENU

カードローンの審査で利用される個人信用情報機関とは?

カードローンの審査では、申し込んできた人の情報を確認するために「個人信用情報機関」というところに登録された情報を参照しています。ここに登録されている「個人信用情報」とは、カードローンをはじめ、クレジットカードの利用などが記録された情報となっています。情報の内容は多岐にわたっており、おもに以下の4つの情報が登録されています。

 

 

  • 住所や氏名、勤務先などの個人情報
  • カードローンの契約日や金額などの利用情報
  • カードローンの返済日や金額などの返済情報
  • 任意整理の有無などの取引情報

こうした情報を参照することでカードローンの審査では申し込んできた人の返済能力に問題はないか、という点を判断しています。

返済能力を判断する信用情報とは?

これはカードローンの利用だけでなくクレジットカードの利用の際にも情報が登録されています。新規にカードローンを申し込む場合やクレジットカードを発行する場合などには個人情報信用機関に情報が登録されることについて同意する書類を提出しています。

 

 

消費者金融、信販会社や銀行も同じ信用情報機関に加盟しているのかしら・・・


逆にいえば、個人信用情報機関に情報が登録されないという状態でカードローンやクレジットカードを利用することはできない、ということになります。この個人信用情報機関の目的は、カードローンの適切な利用とサービスの提供にあります。

信用情報機関名 保有している情報及び役割
株式会社日本信用情報機構(JICC) クレジットやローンなど消費者信用を利用するお客様に係わる個人情報を日常業務において取り扱う
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 消費者のクレジットおよび消費者ローンに関する信用情報をクレジット会社からの照会に応じて情報を提供
全国銀行個人信用情報センター 銀行や銀行持株会社等における個人情報の適正な取扱いを確保することを目的とした組織

カードローンの審査を行う目的としては、融資を行った相手がきちんと返済をしてもらえるかどうか、を判断することです。個人信用情報機関に登録されている情報を確認することで、

 

 

  • その人がこれまでにどんなカードローンを利用してきたか
  • 返済状況に問題はなかったか

を調べることができます。すでに多額の融資を受けている状態かどうかということもこの情報を確認することで調べることができますので、そのような場合には審査段階でこれ以上融資を受けることができないようにストップをかけることも可能です。

 

このように、カードローンの審査ではこうした情報を参考にして返済能力を判断しています。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧