消費者金融一覧

MENU

正社員でも消費者金融の審査に通らない理由

消費者金融でキャッシングを利用する場合、職業は審査で大きく関係してくるポイントとなります。消費者金融業者からすれば、安定して利息を得ることができることが望ましいので、融資を行う対象としても収入が安定している人は評価が高くなります。

 

例えば、収入の安定性だけでいえば公務員は審査でも最も評価が高い職業ですが、正社員として働く会社員の場合も同様に審査で有利な職業です。では会社員であればほぼ間違いなく消費者金融でキャッシングに通るのかといえば、必ずしもそうではありません。

 

 

「審査は正社員だから楽勝だ」なんて先輩が言うもんだから安心してたのに・・・


新卒で会社に入社し、学生時代を含めこれまでにカードローンの利用をしたことがなく、クレジットカードや公共料金の支払いにも滞納がない、そんな人であれば逆に「審査に通らない」理由を探す方が難しいと思います。

 

 

まさか、他からも借り入れがあったなんて知らなかったもんだからさぁ・・・


しかし、逆にいえばそんな人でもない限りは正社員として働いている人であっても審査に通らない可能性があるということになります。

複数件の借り入れがある会社員は審査をパスできる可能性は極めて低い

確かに会社員の場合、毎月の収入における安定性や金額はパートやアルバイトに比べると優れているかもしれませんが、既に多額の融資を受けている場合はどうでしょうか。特に審査で不利な材料となりやすいのが、「複数の業者から融資を受けている」という場合です。

 

 

ところで何件から借り入れてたんだぁ?


例えば、同じ50万円の融資を受けている場合であっても、1件から50万円を借り入れている場合と1件ずつ10万円の借入で合計5件から融資を受けている場合とではその中身は全く異なります。

 

 

5件です・・・


この場合は、後者の方が消費者金融の審査では評価が低いと判断されますが、その理由としては「1件あたりで借りることができた金額が少ない」ためです。何らかの理由があって、それぞれの業者で融資可能な金額を少なくせざるをえなかったためであり、

 

 

そんな状況で俺のせいにするなよ!


その理由としては「返済能力」に不安があったというものが考えられます。正社員であっても返済されない可能性がある人に対しては消費者金融の審査に通ることは難しいということになります。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧