消費者金融一覧

MENU

水商売の人が消費者金融を利用する場合

消費者金融をはじめとするカードローンの審査では必ず職業についての確認が行われます。安定した収入を得ていることが消費者金融を利用するうえで必要な条件となっているためであり、この条件を満たしていれば

 

 

パートやアルバイトで収入を得ている人であっても融資を受けることは可能です。


 

 

でも働いている職業はなんでもいいのかなぁ?


審査を通過するには厳しい職業

例えば、「水商売」の人は消費者金融の審査に通りにくい職業といわれています。その理由は、水商売という言葉からくるように収入が不安定であるという点にあるようです。水商売というのは、就いたもののすぐに退職してしまう人も多く、

 

 

水商売の人に融資するのはリスクがあるだよなぁ・・・


また、自身が店を立ち上げた経営者だったとしても軌道に乗せることができず閉店という事態になってしまうケースも少なくありません。消費者金融が審査を行う上では、こうした可能性のある職業はも「収入が不安定」と判断されてしまう要素が多分にあります。

 

 

職業を偽ってもバレるかしら?


そのため、水商売の人が融資を受けるために架空の会社に勤めていることにして申し込むといった人もいます。ただし、消費者金融の審査で事実と異なる情報で融資を申し込むのは避けた方が良いでしょう。

虚偽の情報での申込みでプラスに働く事はない

まず「水商売の人は審査を通過し難い」というのはあくまでも世間のイメージであり、消費者金融業者による公式な見解というわけではありません。「自分は水商売だから審査には通らないのではないか」と思って架空の勤務先で申し込んだとしても

 

 

審査で行われる在籍確認でばれてしまいます


し、そうなると返済能力に申し分がなかったとしても審査にはまず通りません。消費者金融の審査では返済能力を測るために収入の安定性が求められます。水商売の人であっても長くその仕事を続けている等で収入の安定性を証明することができれば

 

 

消費者金融の審査に通過できないとは決して云い切れません。


審査に通りにくいのではないか?という先入観だけで嘘の情報を利用して申し込むのはかえって自身の立場を悪化させるだけです。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索
無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を回避できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧