審査で判断される収入の安定性とは?

一部の例外を除き、消費者金融や銀行のカードローンで借入を受ける場合には、安定した収入が必要という条件があります。カードローンの返済というものはそれなりに長い時間がかかるものですが、その間の返済には毎月の収入がなければままなりません。

ではここでいう安定した収入とはいったい何かといえば、基本的には

 

  • 会社員

  • パート、アルバイト


などのように毎月給料日に一定の金額が入金される状態をいいます。もちろん毎月の収入金額については完全に一定ではありません。

 

パートやアルバイトでも安定した収入といえるのかなぁ・・・


特にパートやアルバイトの場合は、シフト制の仕事もありますので、こうした仕事をしている人の場合はシフトによっては月ごとに微妙に収入の金額が異なります。それでも収入がない、という月があるわけではありませんので、

 

申込みは可能なので安定した収入とは認めれれてはいるものの審査を通過できるか否かは別問題です。


ある程度の増減があったとしてもこれは安定した収入と認められます。安定した収入が必要である、と条件が設定されているカードローン業者の場合はアルバイトやパートであっても融資を申し込むことができるようになっています。

安定した収入として認められないケースとは?

実際に融資可能かどうかの判断は審査で決定されますが、少なくともパートやアルバイトだから、という理由だけで審査に通らないといったことはないでしょう。しかし、逆に収入が不安定だとすればどうでしょうか。カードローンの審査において安定した収入と

 

認められないケースとして代表的なものが派遣による収入です。


特に日雇い派遣や日払いなどといった短期的な収入については安定していないと判断される可能性が高くなります。

 

アルバイトでも勤めている期間が短いと不利なのかなぁ・・・


派遣会社に登録していても、登録だけしているという状態では審査に通ることは難しいといえます。このように、カードローンの審査においては収入がどれぐらいあるか、ということよりも収入がどれだけ安定しているか、という点が重視されます。

 

1ヶ月のアルバイト収入が高くても期間が短ければ決して有利とはいえないねぇ・・・


日雇いの場合もアルバイトの場合もトータルの年収だけで見ればそれほど差はないかもしれませんが、毎月どれだけ一定の金額を収入として得ているのか、ということが重要となってきます。