カードローンの審査に影響する業者個別ブラックとは?

カードローンの審査に通らない要因のひとつに、ブラックリストに登録されたというものがあります。勿論、実際には審査に通らない人を一覧としてまとめたリストがあるわけではありませんが、個人信用情報機関に登録されている情報には、

 

任意整理をした事故情報などもあることから便宜上こうした表現をしています。


既存の借入やクレジットカードの利用において返済が滞納した場合には、こうした情報も個人信用情報機関に登録されますので、カードローンの審査においてはかなり不利な状態となります。

業者別の審査基準って?

そして、これらの情報とは別に気をつけたいのがカードローンを申し込んだ業者が個別に持っている審査基準です。カードローンの利用状況というものは個人信用情報機関への登録だけでなく、当然ながらそのカードローンを利用している業者も管理し把握しています。

 

消費者金融の業者の審査基準って同じなのかなぁ・・・


例えば、過去に同じ業者を利用していて、その取引の際に延滞などがあった場合にはその情報も審査においては参考にされるということです。ここでのポイントは、カードローン業者によって審査基準というものが異なっているという点です。

 

  • 延滞が1回でもあれば、その情報を持っている限りは審査で評価が低くなるのか
  • それとも○○回以上の延滞で初めて影響があるのか

この点がカードローン業者によってまちまちなのです。そもそも何をもって延滞と判断しているのか、という点も業者ごとにスタンスが異なります。

過去の取引情報の捉え方の違い

本来支払すべき期日の翌日に支払いをしても延滞とするのか、支払日に間に合ったものの利息しか払えなかったケースも延滞とするのか、このあたりの規定は一概にいえるものではありません。

 

申し込んできた人の過去の取引情報ってというのは・・・


カードローン業者は個別に社内でデータベースとして蓄積されているはずですので、それによって審査に影響が出る可能性は十分に考えられます。こうした業者個別に持っている情報で審査に通らないといったケースもあります。