会社員であってもカードローンの審査に通らない理由

一般的に会社員という立場は、消費者金融などでお金を借りるという場合には審査の面で有利な立場にあるといえます。

お金を借りる場合に重視されるのが収入の安定性であり、毎月一定の金額が収入として見込める会社員の場合は、消費者金融などからお金を借りる際には信頼性が高い立場です。とはいえ、会社員だからといって必ずしも審査に通るかといえばそうとも言い切れません。

ここでは、会社員であっても審査に通らない場合の可能性について考えてみましょう。

審査に落ちる可能性の高い状況とは?

 

まず、収入と支出のバランスが悪い場合です。


消費者金融などからお金を借りる場合、既存の借入状況についても審査で確認が行われますが、この段階で既に多くの金額の融資を他から受けているという場合は収入が安定していても審査では不利となります。

また、消費者金融については総量規制の適用を受けることから年収の3分の1までが融資を受けることができる上限金額となっており、既に高額の融資を他から受けているということであればやはり融資を受けることはできません。

 

もうひとつ気をつけたいのが過去の実績です。


現在借入を受けているところがない状態で申込をしたとしても、過去にキャッシングを利用した経験があり、その際に返済を滞納した実績などがあればやはり審査においては不利な材料となってしまいます。

これは既に完済したカードローンであっても返済状況については個人信用情報機関に登録されていますので、審査の際に確認可能な状態となっています。また、転職を繰り返していたり、まだその職場で働くようになって日が浅い人の場合も

 

月給は上がってるけど今年2回目の転職になるなぁ・・・


審査では返済能力が乏しいと判断されてしまう可能性があります。このように会社員で働いているから消費者金融の審査を有利に進めることができるとは必ずしもいえないのが審査というものです。

たとえその立場が会社員であったとしても信用度が低い人は消費者金融の審査において通らない可能性を考えて事前に備えておくべきです。審査で不利にならない為には

 

  • 借入件数を増やさない事

  • 既存他社の借入を滞りなく計画的に返済する事

  • 転職を繰り返さない事


特に既存他社を利用している方は新規で申込む場合、上記の点をクリアにして申込むようにしましょう。