カードローンの審査を受けるための年齢制限

カードローンの審査基準には様々なものがあり、安定した収入を得ているということは大前提ですが、それと共に重要な条件となるのが年齢です。殆どのカードローンでは、申し込むことができる年齢として

 

20歳以上という制限を設けています。


つまり、未成年者の場合はカードローンに申し込む事ができたとしても審査迄進むことはできずに融資不可と判断されてしまいます。これは未成年者の場合は契約行為は保護者が無効にできるという民法上の規定によるものです。

クレジットカードとの違い

親の同意が得られるのであればカードローンを利用することもできるかもしれませんが、そもそもカードローンというものは個人の信用情報をもとに融資を行うものですので、その意味で考えると未成年者に対してカードローンの利用を広げるのは難しいのが現状です。

 

クレジットカードについては・・・


未成年者であっても発行してもらうことが可能となっていますが、これはクレジットカードの利用目的が主にショッピングである為、カードローンとは基本的に異なる性質をもっています。

 

カードローンの年齢制限って・・・


勿論、20歳以上であれば無条件に融資が受けられるというわけではなく、借入ができるかどうかということについては、その後の審査の結果によって左右されます。そんな年齢制限ですが、申し込むことができる上限の年齢も設定されており、

 

65歳~70歳の間で年齢制限が設けられている場合が殆どです。


この場合はいずれの場合も安定した収入を得ているということが融資を受ける条件となっていることに変わりはなく、その安定した収入についても年金などではなく給与収入などであることが要件となっています。

さすがにこの年齢になってくると新たにカードローンを申し込むといった人も少なくなってきます。また、カードローン業者側もその後の返済が無事に行われるかどうかを審査で判断しますので働き盛りの30代~50代の年齢層に比べると審査では評価が低くなるようです。