学生が申込むなら消費者金融

消費者金融の特徴といえば安定した収入があればパートやアルバイトで収入を得ている人や学生であっても融資を受ける事ができるという点にあります。この点については銀行カードローンもほぼ同じですが銀行のカードローンによってはそうではない場合もあります。

 

学生だと消費者金融と銀行カードローンではどちらに申込めばいいかなぁ・・・


特に学生という立場を融資対象とするかどうかについては銀行と消費者金融とでスタンスが異なる場合が多くなっています。まず、前提条件として未成年者が融資を受けることができないのは消費者金融も銀行も同じです。そのため、

 

高校生や20歳未満の大学生などについてはお金を借りることはできません。


学生が融資対象となってくるのは20歳以上の大学生などに限定されるのですが、消費者金融ではほとんどの場合が学生も融資可能としているのに対し、銀行によっては学生を融資対象としていないところがあります。

消費者金融と銀行の顧客ターゲットの違い

この点については、顧客層に対する消費者金融と銀行との間における認識の違いが考えられます。たとえば消費者金融の場合は、誰でも利用することができるという利便性の高さと手軽さが大きな特徴となっています。

 

銀行によっては20歳以上の学生でも申込みできない場合があるけど・・・


この時の、誰でも、という部分については学生も含まれている場合がほとんどなのですが、銀行カードローンについては必ずしもそうではありません。銀行は消費者金融に比べると適用される金利については低い利率設定になっている傾向があります。

 

より返済能力の高い属性に融資したいのが銀行の本音です。


アルバイトをしている20歳以上の学生は消費者金融がおすすめ

そのため、融資を行う際の審査基準についても消費者金融とは異なる基準が設定されており、より返済能力を厳密かつ慎重に確認していると考えることができます。その結果、銀行側としても融資を行う対象として学生は微妙な立場にあると判断されてしまいます。

 

アルバイトしている学生でも銀行の考える属性としての評価は低いから最初から消費者金融に申込むのが賢明です。


また、学生の場合はその立場の関係上どうしても年収の金額は少なくなりますので、銀行側としても高額の融資は難しいものです。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を別の手段で相談できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧