銀行カードローンの審査基準は金融庁の規制で更に上がる事に

銀行カードローンとの違いのひとつに、審査基準というものがあります。カードローンの審査とは返済能力を確認することなので、その基準が消費者金融と異なるのは当然のことです。

 

消費者金融の審査は短いのかなぁ・・・


もともと消費者金融との違いとして、審査基準はよく取り沙汰されることが多いのですが、これは銀行カードローンの審査に掛かる時間が長いことと関係しています。即日融資が可能な消費者金融と異なり、

 

銀行カードローンでは審査に最短でも二日以上掛かってしまい、即日融資は不可能になっています。


全ての銀行カードローンが審査に二日以上掛かりますし、他社借り入れのチェックもずさんだったことから、金融庁から指摘を受け審査基準が厳しくなっていますので、消費者金融と審査基準が異ります。具体的にはどういった部分で違いがあるのかといえば例えば、職業に関する審査基準の違いがあります。

職業に関する審査基準

総量規制の影響を受ける消費者金融では、毎月安定した収入を得ていることが融資の条件となっていますが、収入が安定していればパートやアルバイトで働いている人であっても融資を受ける事も可能です。しかし、銀行カードローンの中には

 

  • パートやアルバイトという立場の人に対しては審査基準を満たしていないと判断する銀行
  • 学生に対しても融資対象としていない銀行

もありますので、この点も審査基準という意味では消費者金融とは違う点といえるかもしれません。

年収に関する審査基準

この他にも消費者金融と異なる審査基準としては、年収の金額があります。銀行カードローンの中には年収の金額について一定の基準を設けているところもあり、こうしたところの場合は年収の金額が基準よりも低い場合には審査に通らないといったケースもあります。

 

消費者金融では総量規制の関係から年収の3分の1を超えての融資は不可能です


が、年収の金額が融資を行う上で審査基準となる点は、それに近い概念といえるかもしれません。銀行カードローンでは適用される金利や融資可能な金額が消費者金融と異なりますので、こうした違いが審査基準の違いとなっている背景もあると考える事ができます。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を別の手段で相談できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧