個人事業主ってお金持ちのイメージがあるけど審査には不利?

一般的な消費者金融のカードローンの場合、対照となるのは会社に雇用されて働く会社員やパート、アルバイトです。また、個人事業主に関しては一般のカードローンの対象外としている業者もあることから、個人事業主が行っている事業資金を目的とした消費者金融のカードローンの利用はできないと考えている人は少なくありません。

 

個人事業主は通常のカードローンでも利用できるのかなぁ・・・


勿論、個人事業主の場合でもカードローンを生活費に充てるということは十分考えられますし、その資金目的の為の消費者金融のカードローンの利用は問題ないとしている業者も多いのです。

 

通常のカードローンの利用は可能ですが事業資金目的の利用がNGの業者が多い中プロミスのフリーキャッシングについては個人事業主に限り事業費の利用も可能です。


個人事業主の審査上の評価について

しかし、個人事業主の場合この個人利用と事業での利用の線引きが非常に難しい為に中々消費者金融での借入は難しいと考えないわけにもいけません。それともう一つ注意しなければいけないのが総量規制の問題で、

 

年収が多くてもサラリーマンより評価は低いのかなぁ・・・


総量規制では年収の三分の一以上の貸付はできないのですが、個人事業主の場合、実際に売上が多くても申告時に経費や事業に関する控除などが差し引かれてしまう為、確定申告書に記されている年収が少ないということもよくある話です。

 

勤務年数と営業年数が同じで少しだけ個人事業主が高いケースでは安定した収入という面でいえばサラリーマンの評価のほうが高いです。


基本的に消費者金融では確定申告書などの収入証明書を元に審査を行いますので、確定申告書の年収が少ない場合には審査上、低い評価で判断される可能性は多分にあります。

消費者金融のカードローンの選び方

個人事業主は会社員ように毎月決まった給与が確保されているわけではない為に安定した収入とはいえない部分がありますが、毎年収入が大きく変動する可能性も含んでいるため、最初の申込み時点で年収が少ない収入証明書は

 

マイナス評価されがちな個人事業主の立場ではある程度年収が高いにこしたことはないね・・・


マイナス材料であるとしかいいようがありません。その為個人事業主が消費者金融を利用する際には、自分の事業が安定しているかどうか、年収がどれくらいあるのか、ということを明確に示すことが、消費者金融を利用するために必要なことです。

事業資金目的の利用が認められていないカードローンの場合は個人事業主向けのカードローンを利用する事になりますが、消費者金融のプロミスであれば個人事業主の場合は事業資金目的の利用も可能な為利用する金額によって選択すれば良いでしょう。

消費者金融一覧から気になる条件を一発検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

無利息期間ありの消費者金融一覧
在籍確認の電話を別の手段で相談できる消費者金融一覧
専業主婦申込みOKな消費者金融一覧
スピード融資の消費者金融一覧
毎月の返済金額が少ない消費者金融一覧
運転免許証だけで借りれる消費者金融一覧
おまとめ・借り換えに最適な消費者金融一覧
収入証明不要な消費者金融一覧