三井住友銀行カードローンの在籍確認はこうなっている

三井住友銀行カードローンの在籍確認の電話を恐れるな!

三井住友銀行カードローンも他のカードローンやローンと同様に申込者の在籍会社へ確認の電話は必ずあります。しかし三井住友銀行カードローンの在籍確認の電話も

 

担当者の個人名で電話するので会社にバレる心配はありません


ですので安心して申込めばいいのです。早めの申し込みが早めの審査に繋がります。

どうしても在籍確認の電話を避けたい時はどうすればいい?

電話口の方がベテランだったりすると、社員の在籍確認の電話をかなり取ってきているのでどうしてもローンの在籍確認の電話ということがバレてしまいがちです。そのほかの理由でも

 

会社に電話して欲しくないんだけど・・・


という方は案外多いのです。そんな方の要求を満たしてくれるのがプロミスなのです。

 

プロミスでは会社への電話での在籍確認を別の方法でで確認してもらう事ができるので、会社にの電話を掛けられなくて済ます事もできます。在籍確認の電話が入る前にオペレーターから了承を伺う電話がありますので、その際に相談すれば別の確認方法を提案してくれます。


 

でもプロミスって金利が高いんじゃないの?


 

プロミスは消費者金融の中でも金利が低く、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので、早期返済により三井住友銀行カードローンなどの低金利カードローンよりも利息を抑える事が可能です。


在籍確認の電話を避けたい方はプロミスを利用するといいですよ。

三井住友銀行カードローンの在籍確認は避けられない?

三井住友銀行カードローンは年率4.0%~14.5%

三井住友銀行カードローンは、いわゆる銀行系のカードローンの中では珍しく最短即日融資が可能という特徴をもっています。適用される金利も実質年率4.0%~14.5%と低い金利となっており、

 

借りることができる金額は最大で800万円まで可能です。


銀行系のカードローンのため総量規制の制約を受けることもありませんので、高額融資を希望している人にとってはぜひともお金を借りる候補として考えてみたいところです。

三井住友銀行カードローンはネットだけで申し込みが可能

この三井住友銀行カードローンのもうひとつの特徴は、ネットだけで申し込みが可能」という点にあります。

即日融資に加えて、来店不要のシステム構築など、消費者金融とほぼ同じシステムが利用可能という点に加えて、低金利で利用できるということを考えれば非の打ち所のないカードローンといえるかもしれません。

ただし、そんな三井住友銀行カードローンに申し込むうえでのデメリットとしては、「在籍確認が必須」という点が挙げられます。というのは、三井住友銀行カードローンの場合他の銀行や消費者金融と同様に

 

「担保」や「保証人」を用意することなく利用することが可能となっている為です。


では保証人や担保を用意すれば在籍確認なしにお金を借りることができるのかといえばそうではなく、そもそも三井住友銀行カードローンという契約要項には担保や保証人に関する規定がありません。

三井住友銀行カードローンの在籍確認は担当者が電話をかける

在籍確認の方法は勤務先に三井住友銀行の担当者が電話をかけることで行われますが、仮に社名を尋ねられても三井住友銀行ということであればそれほど怪しまれることもないでしょう。

ただし、普段から電話がかかってくることの少ない人にとってはかなりの大問題といえるかもしれません。ちなみに、消費者金融業者の中には在籍確認の電話連絡なしに審査を進めることができる業者もあります。

たとえばプロミスでは、在籍確認の会社への電話を別の方法による確認を相談することもできる場合がありますので、もしどうしても電話による確認を避けたいのであれば消費者金融に相談してみるのもひとつの手といえます。

ですが、低金利で最大限度利用額の大きい楽天銀行カードローンの在籍確認の電話不安で消費者金融を利用を検討するのであれば後々メリットの事も十分に考えておくべきです。