レイクでは在籍確認の電話は必須!ではどうやって避けるの?

レイクをはじめとするカードローンやその他のローンでも審査の最終段階での在籍会社への電話での在籍確認は避けて通る事はできません。ですので会社が休みの日などには在籍確認の電話が不通になってしまうので審査が会社の営業日もで持ち越されて即日融資を受ける事が出来なくなってしまいます。

また職場にどうしても電話して欲しくない!という方も意外に多く、なんとかレイクでの在籍確認の電話を避けたいと考えている方が多いので避ける方法を伝授します。

プロミスでは会社への在籍確認の電話を別の確認方法でする相談が可能です。もちろん在籍確認の電話をしたとしても担当者の個人名で掛けてくるので会社の方にバレる心配はありませんが、勘のいい方がいたりどうしても電話を掛けてもらったら困るという方には嬉しいサービスですよね。

また在籍会社が休みの日でも、別の確認方法を相談できるので最短即日融資も可能です。プロミスのネット申込後に申込内容の確認の電話がかかってきた時にオペレーターに会社に電話しないで欲しいと伝えると別の確認方法を案内してくれます。 プロミスはレイクより優れた無利息サービスもありますし、金利もレイクより低くなっていますので会社への在籍確認の電話を相談したい方はプロミスで申込んでください。

会社への在籍確認の電話を相談したい方はプロミス

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス


    プロミスレディース
    融資スピード 5.0
    自動契約機台数 5.0
    振込サービス 5.0
    金利:
    年4.5%~17.8%
    借入限度額:
    最高500万円
    郵送物なしで誰にも内緒で申込できるWEB完結も対応可能

    初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので利息圧縮されて早期返済なら低金利カードローンよりも利息を少なくすることも可能。
    今すぐ借りたい場合も即日融資に優れていて三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座なら24時間最短10秒で振込可能な瞬フリサービスもあります。その他の口座でも平日14:00までに契約完了で即日振込が可能。
    この時間を過ぎてしまったり、土日祝日の金融機関の休日でも最大の設置数を誇る自動契約機で即日カード発行が可能です。女性オペレターが対応してくれるレディースキャッシングも用意されていますので女性も安心です。
    ※即日融資は時間・曜日により即日不可能な場合があります。

    プロミスに申込む レディースに申込む

自営業の人がレイクに申し込む場合の在籍確認の方法は?

新生銀行のカードローンであるレイクは、契約において必ず勤務先への在籍確認を行っています。こうした在籍確認を行っている理由としては、返済能力の確認という目的もさることながら

 

申し込んできた内容に不備がないかという点もあります。


つまりは、詐欺を未然に防ぐことがこの在籍確認の目的であり、在籍確認ができれば申し込んできた内容が虚偽のものではないことが確認できるということになります。在籍確認をするということは、レイクにとっては重要な審査項目ともなるのですが、ここで問題となるのが自営業の場合です。レイクでは、自営業であっても融資の申し込みに対応しており、

 

安定した収入があると判断されれば審査に通る可能性も十分高いといえます。


また、実際に自営業の人でもレイクでお金を借りているという人もたくさんいます。ただし、この「安定した収入」という確証をレイクが得ることは自営業の人の場合はやや難しくなります。会社員やパート、アルバイトのように「勤務先」がある人であればその勤務先に直接確認をすれば済む話なのですが、自営業の場合は「勤務先=自宅」ということになりますので、そもそも本当に事業をしているのかどうかも含めて、

 

勤め人に比べると事情が異なるからです。


レイクの在籍確認の目的は、冒頭で書いたように申し込んできた内容が真実かどうかを判断するために行われていますので、自営業の人のように「勤務先=自宅」という場合にはレイクとしても、裏付けをどうするかがひとつの指標となります。

そのため、レイクでは在籍確認のための電話連絡だけでは申し込んできた内容の確証を得ることが難しいとの判断から、自営業の人の場合には確定申告や営業証明書などといった書類の提出を求める場合もあるようです。それとともに、自宅確認という意味で電話連絡も併せて行われています。

それは特別というわけではなくノーローンの在籍確認でも同様です。そのうえで、自営業であっても収益が順調にあがっているということ、加えてそうした事情がレイクでも判断できれば融資を受けることはできます。

新生銀行カードローンのレイクは他の銀行カードローンより金利が高い

新生銀行のカードローンとして提供されているレイクですが、他の銀行カードローンに比べれば圧倒的に金利が高く、その数字はキャッシングと同じです。18.0%という金利は貸し出すための上限金利と同じ数字であり、他の銀行なら3%くらい低くして借りられることがあります。

これを考えると金利の高さが露呈しており、幾ら即日融資が出来るからと言って金利面での利息を考えなければなりません。またレイクは借りられる限度額も500万円までとなっており、それ以上の利用はできなくなっています。

少ない金額だと金利が高くて困りますし、高い金額はそこまで借りられないのでどうすればいいのか考えることになってしまい、思っていたよりも使い勝手という部分で問題が起きています。こうしたデメリットに加えて、レイクは郵送で色々な物を送ってくることもあります。

自分で郵送をし内容に制限しておかない限り、色々な郵便を発送するようになり、その書類によって利用することが知られてしまう恐れもあります。これはお金を借りる際に大きな問題となってしまうので、必ずレイク側の設定を変更して、余計な物は送ってこないようにしなければなりません。

銀行カードローンなら銀行の書類という感じでまだわかりますが、レイクはCMでも貸金を中心に行っているものと思われているため、どうしても書類を見られたことで嫌なイメージを持たれてしまいます。そのため郵便物の扱いはしっかりやらないと、咎められることもあります。

レイクの審査の基準と流れについて

人が生活費や急な出費に対応するためにお金を借りることになります。そして人がお金を借りる場合に利用する金融機関としてあげられるのがカードローンですが、現在においてカードローンはいろいろな会社があります。しかしどのカードローンを利用してお金を借りるかによって損得が大きく変わってくるので、利用するカードローンはしっかり選ぶことが大切です。

そこでカードローンを利用してお金を借りるのであればレイクを利用する手段を選ぶ事もできますが、当サイトでは色々な面からしてもプロミスが最適ですという姿勢のサイトです。レイクは銀行のカードローンなので安心して利用することができるという意味ではいいのかもしれません。

カードローンを利用してお金を借りる場合は申し込みをして審査を受けてそれをパスすればお金を借りることができますが、そのためレイクを利用してお金を借りるためにはレイクが設ける審査の基準をクリアする必要があります。

そこでレイクの審査はどのような基準になっているのかというと基本的に他のカードローンと同じで借入の申し込みをした人が継続的な収入を得ているかどうかと本人確認をすることができるかという2点になります。そのため一般の社会人であれば容易にこの2点の審査基準をクリアすることができ、レイクでお金を借りることが可能です。

ただレイクは銀行のカードローンなので総量規制の縛りを受けないという点は消費者金融と違います。

またレイクの審査の流れとして申し込みをした後にすぐに審査をしてもらうことができます。この辺は消費者金融と変わりありません。そのため審査は申し込みをしてから1時間以内に結果が出るということも少なくなく、多くの場合は即日融資をしてもらうことができるでしょう。